Q&A

Q1:1セッションの契約は、同時に使えるのは1台ですか?
A:そうです。複数の端末に登録していただき、切り替えで利用していただけます。

Q2: 他社のVPNサービスと比べると、値段は割高です。なぜですか?
A:誤解です。国際通信において、VPNはビジネスの価値がありません。趣味の範疇です。
 海外に長くいらっしゃれば、多くのVPNを使われて来たと思います。VPNは良い時もあるし、悪い時もあります。しかし、一定の時間が立つと、最終的に使えなくなリます。
 それは海外の特殊な事情によるものです。VPNはインターネットをベースとしたもので、国際間のインターネットはとても不安定で、その上、様々な規制があります。
 ビジネスはお客様との約束です。不可抗力ばっかりなものでは、お客様と約束できません。
 専用線は企業の絶対通信を確保するため、専用の海底ケーブルを用いる通信です。とても高価で、日中間を例とすれば、1Mの相場は月40万円です。弊社が提供するのはハイブリッド+シェアという形です。値段を安くし、個人でも使える値段で提供しています。
※ハイブリッドは国内間専用線、同地域はVPNの組み合わせ
メリット:
1、安定
2、早い
3、日本への電話かけ放題、テレビ電話システムを無料で利用できます。

Q3: 専用線を利用するため、自宅のインターネット接続サービスを解約すればよいですか?
A: ハイブリッド専用線であるため、お客様から弊社現地センターまでの間、VPNを利用するため、インターネット接続サービスは必須です。

Q4:ハイブリット専用線とは?
A:ハイブリット専用線は国際間専用線、同地域はVPNの構造です。国際通信に置いて、同エリアは問題なく利用できますが、海外と日本の通信となると、不安定、遅い現象がよく見られます。
 お客様の利用場所まで、物理的な専用線をひけるかどうか、現場調査が必要です。仮に引ける環境があっても、調査費、工事費、工事会社の手配など、莫大な費用と時間がかかります。
 ハイブリット構造は、お客様から弊社の現地のデータセンターまでVPNで接続、国際間だけ、専用線で繋ぐ構造です。つまり、インターネットさえあれば、すぐに利用できます。
 ハイブリット専用線は安全、便利、低コストのソリューションです。