事例:スマートグラスと専用線

遠隔作業支援システムを提供している某社の大阪本社と上海の支社の間、VOIPACK社の専用線(帯域4M)を介し、ローカル版(インターネットを隔離した社内環境用バージョン)の動作確認を行いました。リアルタイムの映像共有・音声通話・キャプチャ手書きファイル・画像ファイル(JPEG/PDF)の送受ができ、結果良好!

以下は上海皆码嗣电气有限公司による【nvEyes】のPR

 ※ARスマートグラスを利用した遠隔支援ソリューションの紹介

~“nvEyes”スマートグラスで見えるモノに新しい価値を~

 

◆生産現場の課題◆

モノづくりの現場環境の変化

  • 労働者人口の減少
  • 熟練技能者の高齢化
  • 労働時間の短縮
  • 契約社員の入れ替わり

⇒人手不足・技能継承の危機

しかし追及されるのは業務改善による生産性向上※・・・

※例えばトラブル時の早期対応・メンテナンス技術の伝承

 

そこでnvEyesの登場です!!!

本システムは、ARスマートグラスを掛けた作業者に対し、遠隔地にいる閲覧者(管理者)が作業支援することを目的としています。

 

◆nvEyes導入にて期待される効果◆

作業者 ⇒ 管理者 トラブル状況を正確に伝えることができる。

管理者 ⇒ 作業者 トラブル状況をリアルタイムに確認・指示ができる。

画像ファイル、手書きメモ、文字、音声で作業を遠隔地から指示できる。

作業者は、スマートグラスを使用しハンズフリーで作業ができる。

⇒上記生産現場の課題をnvEyesで手助けさせていただきます。